2023-04-17(Mon)

2023/04/17

今日はまたスターフォックスコマンドのプレイ日記を書きました。 5年前に難しすぎてクリアをあきらめたところまで何とか進めています。

というわけで6日目はこちらのページでどうぞ。

そういや今日は少しだけ隙があったので「スターフォックス」を…やろうかと思ったんだけど それは初プレイ時を実況プレイにするために置いておき、 どういうわけか「スターフォックス2」を先にプレイしてみました。

とはいってもセルフネタバレを食らってはいけないのでストーリーは見ずに アクションパートをいきなり動かしてみることに。

フィールド画面がスターフォックスコマンドに似ている…「コマンド」は割と イレギュラーなんだろうかと思っていたけど、もしかして基本的なシステムは同じなのか。

宇宙のマップの中でなんか英語で書いてあるステージに入ってみた。 これがスーファミのグラフィックか。64みたいだ…上下のカーソル移動が逆だ。 やべえ分からん。上を押したら下に行く!ポケモンスナップの感覚を思い出せ…!!

というか何を撃てばいいのかも分からない。どこを狙っているのかも分からない。 何ボタンで何を撃つのかも分からない。分からない。分からなさ過ぎてボタンを連打していたら なんかクリアしたらしい。

そしてまたマップ画面になり、また適当なところを選択。 するとアーウィンが変な形に折った鶴みたいなフォームに変形しており、 それは「ウォーカー」というらしい。「バッジとれ~るセンター」のバイトがなんか連呼してたな…。

というわけでカサカサと歩くアーウィンもといウォーカー。 何を攻撃すればいいのか分からないが適当にそこら辺の赤かったり黄色かったりするものに カーソルを合わせていろんなボタンを連打してみる。

うーん、分からん。分からんがなんか建物の扉が開いたようだ。カサカサと中に入る。 中には巨大な敵がいたのでビビりながらBボタン辺りを連打。 こちらもダメージ食らいまくっていそうなエフェクトが画面全体に出ていたけどなんとか倒したらしい。

だが次の部屋に進むための扉が閉まったまま。部屋をうろうろいやカサカサしてみるものの、 誰もいない。敵を全滅させたら次の部屋に進めるというゼルダ的システムではないのか…。

部屋の真ん中になんか少し出っ張ったオブジェクトがある。その上に乗ってみると真ん中がへこんで スイッチを押したみたいに扉が開いた。ゼルダ的だった。

中になんかハルバードのリアクターみたいなのが見えたけど、そのままウォーカーで突っ込み、 なんかボタンを連打していたらそいつが大爆発。フォックスもなんか表示が消えた。 そして辺りがドカンドカンと景気よく爆発を始めた。これはアレか。捨て駒にされたんだろうか。

と思ったがウォーカーはアーウィンに変形、すごく狭い室内を低空飛行してその建物から出てきました。 何が起きたんだろうなあ、と思いながら次のステージっぽいところへ…行ったが、 いよいよ本格的に何をしていいのか全く分からなくなったのでここでプレイ終了。

画面に宇宙が広がっていて、隕石っぽいのとかカーソルっぽいのとかいろいろ表示されていたんだけど 移動もままならず、向きの変更も分からず、さすがにこれは「スターフォックス」をプレイしてからにしようと 思ったのでした。

画面のすごさ、チップのPOWERでスーファミの限界を超えた表現には驚きましたが 難しすぎた。全く何も得られませんでした。名誉ある撤退です。

あとは少しファミコン版マリオ3もやってみて、タヌキスーツでクッパ城をクリアしたらどうなるんだろうと 思って頑張ってタヌキマリオでクッパを倒しました。

各国の王様はタヌキスーツを着ているマリオをマジもんのタヌキと勘違いするけど、 閉じ込められている部屋にタヌキが迷い込んできたらピーチ姫はどんな反応をするのでしょう。

…と、思ったがクッパを倒した部屋からピーチの部屋に入ると自動でスーパーマリオになってしまい、 タヌキマリオ専用の何かは特にありませんでした。というかマリオ3はテキストデータを全部見たことがある んだからそんなものはないことは知ってたよな…?

さて、気づけば午前1時を余裕で過ぎており、ここ数日間ちょっと夜更かし癖がついているようなので ここでその負の連鎖を断ち切るためにハイパースピードおやすみんさを繰り出そうと思います。

説明しよう!ハイパースピードおやすみんさとは、こういうしょーもないことを説明せずに早く寝ることである!!
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
リンク
スポンサーリンク
検索フォーム