2010-09-20(Mon)

今日は朝の6時ごろ、大変だったんだよ・・・。

すっごい広いプールがあるんだけど。
何ていう施設だったか・・・名前は知らない・・・。

ともかく、猛烈に広い施設で、CMとかでも見たことがあるような。
波のプールとかあって、大人も子供もお姉さんもみんな泳いでいるわけです。
結構深いプールだったなあ・・・。

で、その巨大プール施設に併設された高級マンションに住んでいる友達がいまして。
山田君という友達で。
その子の家に別の友達と一緒に遊びに行きました。

何かぼくはスーツ着てまして。黒いスーツを。
外はものすごい気温、暑くて暑くて仕方ない。日差しが目に痛い・・・。

山田君・・・名前は確か4文字だったと思うんだが・・・。
普通に呼んでいたのに忘れちゃったよ・・・。

で、その子の家の扉を出たら階段がありました。
10段ぐらい普通の階段で、そのあとの3段はプールの素材みたいになっていました。
左側には海かと思えるような、広い広いプールが。大勢の人が泳いでいます。
右側には他の人の部屋が並んでいて、豪華客船みたいです。

その階段を降りていたら、最後の3段のプールの素材の階段で滑りました。
すると、つるるーっと落ちて左側のプールの壁にどん、とぶつかりました。

・・・ふむ、これは面白い。

そう思って、今度は一番上の、つまり13段上の山田君の家の前から滑り降りました。
すると、まあ止まらない止まらない。

もんのすごい勢いがついちゃって、つるるるるーっと滑って、
左側のプールの壁もさらにつるっと飛び越えて、驚異的な大ジャンプ!
そのまま空にぽーんと放り出され、長い滞空時間。

そして、プールに勢いよくだっぼーん

プールが深かったので頭打って死んだりはしませんでしたが、
あまりに深く沈んじゃったから上がどっちか分からなくなりました。

で、周りにいる水着のお姉さん達に笑われつつもなんとかはしごでプールから上がる。
スーツだからもうびっしょびしょだ・・・ズボンがはりついてます。
とりあえず、このプール施設の着替えるところに行きました。

ロッカーを開けて、バスタオルを取り出し。
でも日差しは強いし、とりあえず服はないからこの服を乾かすしかない・・・。
バスタオルでぎゅーぎゅー押えて、後は外に出るかなと・・・。

そんなことを思っていたら、後ろには山田君とか他にも友達が。

「なにしてたの?」
「いやー、君の家の前の階段の一番上から滑ったらさ、すごい勢いついちゃってそのままプールまで飛んでって」
「えー!?なにそれ~!」
「ホント、アホなことしちゃったよ~」

一同大爆笑。
まさか階段であんなに勢いつくなんてねえ。
空飛んじゃったし。まったく・・・。

そこで、目が覚める。

え、今までの全部夢!?

・・・夢です。今朝の6時、こんな夢を見て目が覚めました。
やたらと鮮明に覚えていました。

よく考えたら、あんな巨大なプールないし!
何であんなに階段で勢いがつく!?
季節もおかしい!あの日差しは真夏だった!
何でスーツ!?

もう、何もかもがおかしいのに夢だから仕方ありません。
「山田君」という友達、確かにあの顔の友達はいたが・・・。
山田って名前じゃなかったと思う。

夢に勝手に出てきてもらっちゃってごめん。

つーわけで、今日の日記はまさかの夢オチでした。こんな夢見てる頭の人間は幸せです。


カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーリンク
リンク